長野市災害ボランティアに参加

災害ごみ集積場
災害ごみ集積場と化した長野市赤沼公園にて荷物おろし待機。何もなければ憩いの場である公園が災害で出た廃棄物置場

11月3日日曜日は長野市穂保地区に災害ごみの運搬のお手伝いをさせていただきました。

結構新しめの泥だらけの洗濯機や冷蔵庫たくさんあります。テレビの数もすごい。今回の水害は千曲川流域で過去最大の被害ではないでしょうか。災害恐ろしさを実感。上田市も危なかった。他人事ではない。

ボランティア活動は初めてなので要領も解らず、土地勘もないのでとにかく道がわからない。道すがら倒壊した家屋や1階部分の壁が丸々なくなっていた家屋を発見。堤防を決壊させた水の勢いを想像。とにかく現地は誇りと泥にまみれた災害ごみの片付けでまだまだ人手が足りなそうです。

悪臭と泥と埃との闘い

電気やなので当然廃棄物の中に埋もれた電気製品が目につきます。新しいけど泥だらけ。水をかぶってなければ使えた製品たちの中には冷蔵庫が、まだ食品が入っているものもちらほら。もう2週間以上電気を切られているわけですから、腐敗が進みそこから異臭が放たれるわけです。災害廃棄物でも冷蔵庫の中身は焼却ごみか生ごみとして処理するべきもの。

姉妹都市は重要

3連休ということで長野市以外から様々な形で参加されているボランティアの皆様が見受けられました。大きな会社の職員労働組合は自前で観光バス仕立てて駆けつけてくれたようで。おそらく長野市の姉妹都市や災害時の協力の締結をしている都市の産廃業者も目にしましたが大変手際よく動いてくれていたのは、緊急時の協力関係をいかに結んでおくことが重要です。

映画『バイス』こんなふざけた政治家達のために世界はめちゃくちゃになった

イラクに大量破壊兵器がなかったことは公然の事実。ただフセインが憎かったブッシュ、石油メジャーの後ろ盾を持ち、チェイニー副大統領自らもハリバートンの元役員としてイラクで紛争を起こすのは公然の約束であったのだ。目的のためなら手段を択ばずとはこのこと。いわゆるでっち上げである。

ブッシュ政権以来、現在のトランプ共和党政権はいまだに闇の渦なのは現在も変わりないが、この作品は今に至る米国のいきさつ、はたまた混迷の世界情勢を語るうえで欠かせない作品である。石油利権、武器商売、共和党の後ろ盾は世界中を破滅へと導く中心人物の三悪人、この作品の主役チェイニー、ラムズフェルド、ブッシュ。とにかく俳優さん達のメークがそっくりで役作りの完成度も高い。アカデミー賞を受賞。

ブラッド・ビットが監修。米国の俳優たちもトランプ氏には反旗を翻している。日本人には関心が低い作品だが是非お勧めしたい。現在長野グランドシネマにて上映中。

4Kディアハンターを見て思った事

NHK4K放送で放映された「ディアハンター」

NHKBS4Kでは名作を続々放送している。しかも4K放送視聴可能な機材さえ手に入れさえすればである。1978年上映アカデミー賞受賞。過去の作品であるが4Kデジタル修復版として全国の絞られた映画館であるが今もなお上映されているのである。

はじめてしっかり視聴して衝撃を受けた。

平成を終わりを向かえるこの時期に今更ながらこの作品を視聴出来るチャンスに恵まれたことは、アメリカがベトナムで共産主義とかつて無い苦戦をしいられていたことは、通っていた小学校の図書室に展示されてたカメラマンの写真で私の脳裏に焼き付いている。

何でも手に入る自由の国アメリカが、ベトナムで相次ぐゲリラ対抗する統べなく撤退したことは衝撃的であった。

ベトナムで自由と正義を旗に戦場に駆り出されていったのは、この映画の主人公マイケル達に違いない。

戦争はいけないということは誰にでも解っていることだが、思想、民族の行く末、戦争に至る理由は過去現在未来において、どんな事案でも戦争にはなりうるのだ。

ネットで戦場の模様も随時手に入れられる昨今ではあるが、当時の彼らにはアメリカが勝つことを信じて戦場に出向いたのは確かである。

今この作品を見て、この時代に生きた彼らのように友達や仲間をこれほど愛し一緒に涙を流し思いやることを、今を生きる我々は同じぐらい感じて生きているのだろうかと考える。