衛星放送受信環境整備事業に関する講習会に参加

総務省主催の補助事業の講習会

最初に野田総務大臣ビデオメッセージで登場。嫌いじゃない。

総務省 衛星放送受信環境整備事業中間周波数漏洩対策事業

要するに、4K8K放送を受信する上で障害となる受信設備の更新を行うと補助金がもらえるということです。補助金まで用意しないと見てもらえないコンテンツなのか?

現在の民放BSデジタルのコンテンツって補助金出してまで見せるものなの?

テレビ通販の為に補助金使われるような気がします。

あくまでも放送でという総務省の考え方ってどうなのか?

地上波は今まで通りの2K止まり。

私の考えではブロードバンドで見たい人だけお金払って視聴すれば良いと思うのですが。

税金の使われ方を考えて意見を申し上げましょう。

ソニー本社にて

夏商戦に向けての商品内覧会がソニー本社にて行われました。

朝8:36発あさま610号に乗り込む。これ各駅停車なのね。

ソニー本社ならぬ近くの会議施設品川シーズンテラスにて11時開始。販促検討会

午後は本社ビル2階でのデモンストレーション

本日発表されました新4KBRAVIAは現物ありましたが撮影禁止。

OLED 65と55インチのA8FシリーズはA1シリーズ同様にアコースティックサーフェス(画面スピーカー)かなりA1と違い従来モデルとあまり見分けが付きづらく残念です。問題の4Kチューナはまだこのモデルにも搭載されていませんでした。しかもスカパー!プレミアム4Kチューナーも搭載無し。その他従来モデルに搭載されてた機能が省かれていますのでご注意。

予想価格55A8F;35万円、65A8F;50万円

A1は2018年内併売ということですので、あのデザインがお好きな方は今のうちに買いましょう。

従来LEDバックライトながら85インチ8500Fシリーズが登場します。

ここで登場するシリーズには年内にGoogleassistantがインストールされるとのこと。

いよいよリビングのBRAVIAがIOTの中心となる日が近いのでは

ソニーストア