衛星放送受信環境整備事業に関する講習会に参加

総務省主催の補助事業の講習会

最初に野田総務大臣ビデオメッセージで登場。

総務省 衛星放送受信環境整備事業中間周波数漏洩対策事業

要するに、4K8K放送を受信する上で障害となる受信設備の更新を行うと補助金がもらえるということです。補助金まで用意しないと見てもらえないコンテンツなのか?

現在の民放BSデジタルのコンテンツって補助金出してまで見せるものなの?

テレビ通販の為に補助金使われるような気がします。

あくまでも放送でという総務省の考え方ってどうなのか?

地上波は今まで通りの2K止まり。

私の考えではブロードバンドで見たい人だけお金払って視聴すれば良いと思うのですが。

税金の使われ方を考えて意見を申し上げましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください